基礎を学べ、不動産投資不動産投資の知識をご紹介しています。不動産投資で老後の安心を!

不動産に関する知識を増やすには?

不動産投資の勉強法

不動産投資の勉強法は、出来れば周りに不動産投資をやっている方がいるのであれば、その方に話を聞けば断然早いのですが、独学で勉強される方もいると思いjますので、下記を参考に勉強してみてください。

インターネットを利用する

近年では不動産投資の知識やノウハウについては、インターネット網が普及したことにより、それを利用することで多くの情報を得ることが可能です。まず不動産業者のサイトは、業者の数だけありますし、また実際に不動産投資をしている人、大家として不動産経営をしている人のサイトやブログなどは更に多く、不動産投資をしている人の数だけあると考えて良いかもしれません。
もちろん、不動産投資の情報だけでなく不動産投資に関連する知識、例えば確定申告についての知識や、税に関する法律について、管理業者についても、インターネットを利用すれば、いずれも調べることが可能でしょう。
ただし、無数とも言える膨大な量の情報がありますので、当然間違っているものもしくは質の悪いものも存在します。その情報の選択は、自己責任で行わなければなりません。

関連の本を読む

不動産投資の情報を得る手軽な手段として、本を利用することでも可能です。インターネットと違い、本を購入する費用はかかってしまいますが、ある程度そこに書かれている情報は信用できるところにメリットがあります。
しかし、情報量に関してはインターネットと同じで、不動産投資に関する本も多くの種類があります。著者が違えば考え方も違いますので、これもインターネット同様、自己責任で選択しなければなりません。

セミナーを利用する

セミナーを利用する不動産投資に限らず、最近はどんな人でも参加できるセミナーが数多く開かれています。その範囲は、不動産投資用の物件選びから節税の方法・貯蓄法まで、どの段階のものでもあります。
また、様々な目的に合わせて内容の絞られたものも多くありますので、自分が学びたい内容のものだけをピンポイントで選択することも可能です。例えば、「サラリーマンの不動産投資」のような講座や「100万円から始める不動産投資」、「10年で3億作る不動産投資」など、実に多くのテーマがありますので、学びたい内容のものに参加しましょう。

コネ(仲間)を作る

上記にあるインターネットやセミナーを利用することのメリットとして、コネ(仲間)がつくれる可能性があります。同じ目的でがんばっている仲間がいると、知識や知恵を共有することもできますし、また刺激にもなります。セミナーに参加すると、実際にその人たちと会えるので、仲間・先生・先輩と呼べるような人を探してみることは大きなプラスになります。
インターネットでコネ作りの場合、実際に会えることはできませんが、「mixi」を代表とする「SNS」と呼ばれるコミュニティーサイトを利用して、その中にある不動産投資をしているグループに入ることで、仲間ができる可能性があります。また、そこから学ぶこともできます。

トラブルから学ぶ

トラブルから学ぶこれも勉強方法としては、非常に良いものだと思います。どれだけ調べても、どれだけ考えても、どうしてもわからないというのは、残念ながら多々あります。このような場合、実際にやってみないとわからない事が多いので、もし失敗してしまったときに後悔するだけではなく、前向きに失敗から次へ繋げようとする前向きな姿勢は大切です。
ですが、不動産投資の失敗は、その損失が立ち直れないほど大きい場合もあります。繰り返しになりますが、これもインターネットや本、セミナーを利用することで、すでに失敗の経験がある先輩たちから、トラブルに関する上房をある程度学ぶことが可能です。いずれにせよ、失敗する可能性は決して0にはなりません。失敗してもそこから学ぼうという「前向きさ」が肝要です。

Valuable information

吉祥寺で評判の良い痩身エステを口コミで探す

最終更新日:2017/7/18

上へ