基礎を学べ、不動産投資不動産投資の知識をご紹介しています。不動産投資で老後の安心を!

不動産投資成功のポイント

不動産投資成功の4つのポイント

不動産投資を成功させる4つのポイントを紹介します。

成功している方からノウハウを学ぶ
不動産投資で早く実績を積みたいのであれば、先輩である不動産投資で成功しているオーナーさんや不動産業者から話を聞くことが一番です。
収益物件の見方一つとって見ても、これから不動産投資を始める人とすでに収益物件を所有され家主業として成功されている人では目線が違います。自分が見当違いの目線をしていた場合など正してくれたりもしてくれるでしょう。
収益物件のポイントでもある「利回り」の考え方や、収益物件自体の建物の状況そして全額キャッシュ(現金)で購入される方はほとんどいないとおもいますので、金融機関からどれくらい融資を受けられるのか。などなどやるべくことはたくさんあります。しかし、それが不動産投資の醍醐味です。不動産業者やオーナーさんと親しくなり情報を得ることが成功への近道です。
また、大金は使えないが、不動産投資信託や不動産ファンドといったものからスタートするもの1つの手段です。
収益物件に対する目を養う
不動産投資をはじめるには、まず収益物件を購入しなければはじまりません。
収益物件と言っても「ワンルームマンション1室」「賃貸マンション・アパート1棟」「オフィスビル」などなど色々あります。
よく巷で見かけるのは、「ワンルームマンション1室」というタイプです。
また、金融機関からの融資額枠が大きくなってくれば、1棟ものやオフィスビルといったものにも投資できるようになるでしょう。
しかし、収益物件には一つとして同じものないといえますので、何が良くて何が悪いのか、物件に対する目を養っていかなければなりません。
1000物件見れば2~3の買付証明が出せる物件が見つかるでしょう。そして実際に購入できるのは、1つあるかないかです。
ですから、実際に時間をかけて物件を見る作業、そして金額を査定する力量が求められます。
不動産投資において金融機関は切っても切れない関係
不動産投資において、金融機関から融資を受けるまでの作業は物件を購入・契約まで持っていくのと同じくらい慎重さが必要です。
一時期フルローンという言葉が流行っていましたが、しかし、今のご時勢では、よほどの物件に対する評価が高くないとフルローンはありえないでしょう。そしていくらかのキャッシュも必要になります。
また、金融機関を探す際も、金融機関1つだけにこだわるのではなく、お付き合いのあるところはいくつでもあたって見ましょう。 そして自分の実力(資金力)も知っておいて損はないでしょう。
投資計画を立てると他人任せにしないこと
不動産投資は比較的長期間に渡って計画を立てるものであり、一度実行に移してしまうと簡単に変更できないという決定的な弱点があります。 その弱点を補うためにはあらかじめ考えておく投資計画が重要になります。
うまくいかないから売却すれば何とかなるという考え方ではいけません。不動産はもともと流動性が低い上に、事業運営が成り立っていないのであれば、ますます売ることは難しくなり、最後には買い叩かれるという結果が予想されます。
自分だけで迷ってしまいがちになりますので、一人だけで考えるのではなく第三者や専門家の意見を聞いて、あくまで客観的に数字で判断し、採算性を適切に判断することが必要です。
ですが、何事も他人任せでは成功するものも失敗してしまいます。
ここでいう他人任せとは、他人に重要な事柄まですべて任せてしまうことです。不動産投資においても、他人任せにしないことが重要になってきます。
ましてや不動産投資は投資家がオーナーとなって不動産をいわば経営するようなものです。経営を自分で管理せずに他人任せにしてしまってはそのうちのっとられてしまいますよね。
不動産物件の管理では、「他人任せ」と「委託」があります。それぞれ全く違う意味です。

上へ

他人任せと委託の違い

◆他人任せとは

不動産物件の管理は一般的には管理会社にお願いするのですが、自分の目で管理会社の管理状況を確認せず、管理会社が怠惰していても分からず、現状の不動産の管理状態が把握できないこと
家賃が下落し続けたり、空室率が上昇し続け、初めて管理状態を見たときに「これでは、空室率は上昇するはずだ」といった笑えない話も実際にあります。

◆委託とは

自分の目でその管理会社の管理状況を確認し、行き届いていない部分があれば、管理会社に忠告すること。
管理会社へ忠告することで空室率なども減らすことが出来るでしょう。忠告しても変わらないようであれば委託先を変更するこ も必要になってきます。死活問題ですのでまさしく”自己責任”が問われるのです。

Favorite

口コミで評判のお店!【新宿】金・貴金属ジュエリー買取おすすめ5選!

2018/10/24 更新

上へ